民藝旅 / MINGEI

民藝旅 vol.1 山陰・愛媛編 \2日目/【鳥取県 鳥取市】

4月9日火曜日、晴れ。

イギリスへ行けちゃう12時間のエコノミーなバス旅で、鳥取県に到着。トイレの失敗がなかったことに、ほっとした。

駅の近く、公園わきにバスは止まった。荷物を受け取る。ひとまず、顔を洗って、歯を磨きたかった。時刻は9時35分。駅に行けばお手洗いがあるはず。

 

 

5分ほど歩いて、駅に到着する。駅前に新しいお手洗いがあったので入ってみる。
清潔で、落書きもない。鳥取県民には、きっとヤンキーがいないんだな。
念願の歯磨きをしながら、眉間のシワが伸びた。

顔もサッパリしたところで、駅にある観光案内所を訪ねた。正直、鳥取の地理がサッパリなのだ。エヘン、と胸を張るくらい、砂丘のほかに場所が思い浮かばない。

 

 

観光案内所のドアを開くと、にぎやかな中国語。10人ほどの観光客がスタッフさんと盛り上がっていた。壁際にある地図を手当たり次第ひっこぬいて眺めてみる。

素敵な景色や、美味しい食べ物の情報が満載。
カニ食べたいな…と煩悩に支配されそうになる。すると、君はここに何をしにきたのだね?と、妄想の柳先生が叱咤する声が聞こえて、我に返った。

そうよ、私は観光に来たんじゃない。民藝について調べにきたのだ。
目的は、鳥取の民藝とものづくり。和牛とカニじゃない。

よだれを拭きながら、職員さんに話しかけた。

 

 

職員さんは、民藝と関わりのありそうな窯元や、オススメの温泉スポットを丁寧に教えてくれた。地図に印をつける。いよいよ、旅らしくなって来たぞ。鼻がむずむず。

 

 

観光案内所に、なにやらド派手な傘が飾ってあった。

雨傘にしてはすき間が多いし、日傘にしては鈴付きでゴージャスすぎる。

あとで聞いたところによると、雨乞いの「シャンシャン祭り」で使う傘とのこと。
デザイン、かっこいいなあ。

 

駅前のマンホールは、あっちもシャンシャン。こっちもシャンシャン。

 

*  *  *

 

 

観光案内所を後にして、ゆみさん縁側ちゃんに教えていただいた、ギャラリーショップSORAさんを訪れた。駅から徒歩5分。素敵なお店が駅チカって良いな。

 

きゅんとするディスプレイ。和紙ランプ。一点作家ものを探すのにぴったりなお店。

 

 

 

 

 

 

 

美しく編まれた竹細工。水面をすくい取ったようなガラス皿。
ウルトラ怪獣的なかわいい陶器。

鳥取を中心とした作家さんの、心がこもった作品が並ぶ。
民藝とは違うけれど、やっぱり人の手が作りだしたものって、温かい。

(そもそも、消費者にとって、作り手が「職人」か「作家」かというのは、あまり重要じゃなくて。「人の手が生み出した」ということが求められているのかも…?)

 

*  *  *

 

 

お昼どき、ぐうぐうと文句を垂れるお腹をさすりつつ、近くの「たくみ割烹店」を訪れた。

外観からして、とっても素敵。初めて見る建物のデザイン。
伝統を感じるのに、どこかモダンで、やっぱりレトロで、品がある。

 

 

1階席は満席だった。大人気。英語で案内されながら、2階へ上る。
もうそろそろ「にほんごはなせます」ステッカーを帽子に着けようか、悩む。

 

縁側ちゃんに教えてもらった、味噌煮込みカレーをお願いして、店内をきょろきょろ。

正座すると足が入らない。足をびろんと伸ばして食べるには、奥行きが短い。
謎のテーブルにあぐらを書いて座った。

 

コーヒー色の木造デザイン×型染め。店内は、THE・民藝な雰囲気。

個人的にはカッコいいのだけど、店内が薄暗くて、壁が古びているせいか、ちょっと古っぽく見えた。(壁を塗り直して、照明の色や、数を工夫したら、もっとモダンに見えるかも…)

 

もじもじ、そわそわ。

カレーを待っていると隣の席にスーツ姿の女性が座った。
馴染みのお客さんらしい。その後も次々に、2階席にお客さんが上ってくる。
若い人、老紳士、いろんな人が、ぞろぞろ。

 

ぼ〜っとしていたら、お姉さんに声をかけられた。

鳥取県民さんは、どうしてこうもあったかいんだろう。惚れてまうやろ、と思いながら楽しく会話していると、カレーがやってきた。

 

 

多い。カレー、漬物、トマトサラダ、お吸い物、コーヒーまでつけて1,080円。とってもお得なランチだと思う。何より、民藝のお皿を使った食卓の体験ができるのだ。たまらぬ。

むちむち、とろとろの牛肉。スパイシーなルウ。一口食べて、ほぅとため息がもれる。

 

 

 

 

 

おいしいご飯だった。

 

*  *  *

 

カレーで満腹のところ、伊吹ちゃんから連絡が入る。
すぐ近くに車を停めているそうだ。道路で待っていると、クリーム色の車に乗った伊吹ちゃんが来てくれた。

伊吹ちゃんは、数日前、東京ビックサイトのイベント「クリエイターEXPO」で出展していたイラストレーター。私はお客さんとして来場。フラフラしていたところ、どツボな絵柄に、思わず足を止めた。

そして、色々と話しているうちに、意気投合して、「鳥取でお茶をしましょう」という流れになったのだ。

 

 

伊吹ちゃんとのドライブは楽しくて。

目的地は海辺のカフェだったのだが、気を利かせてくれた伊吹ちゃん。
お城跡の桜、山越えの旧道、らっきょうの草原、絵になる漁村とジオパーク…

さまざまな場所へ車を飛ばしてくれた。

 

 

そして鳥取は、コンパクトで、多彩な美しい土地であるということを、わずか30分のドライブで体感させてくれた。

私は、恋に落ちてしまった。伊吹ちゃんが見せてくれた鳥取に。(きっと今頃、彼女はにししと笑っているだろう)

 

 

*  *  *

 

民家の間を抜けて、たどり着いた先はハワイだった。その名も、cafe ALOHA

暗くて荒い、と聞いていた日本海は、淡く切ない色をしていた。
桜が散る1秒前のような、儚さが美しかった。

 

カフェで、伊吹ちゃんといろんな話をした。
民藝について興味を持ったきっかけや、今後の展望。
日本のものづくりや、疑問など。

そして、伊吹ちゃんの好きなこと、蒔絵や浮世絵についても、たくさん教えてもらった。
同じ絵描きとして、興味の方向性は違うけれど、好きなことを話すと止まらなくなっちゃう性が似ていて。くすぐったい時間だった。

めいっぱい話して、打ち解けたところで、鳥取砂丘に向かった。

 

 

*  *  *

 

本当に、びっくりした。

どこまでも果てしなく続く、砂の丘。

 

 

砂丘と空の間に、米粒くらいの人が見える。

 

 

海のすぐそば、砂丘のど真ん中なのに、淡水が湧くオアシス。

 

全てが想像を超えていて、大人ぶっていた心の紐がバチンと弾けた。
伊吹ちゃんと2人、子どもに戻ったように、砂丘の壁を駆け上がった。

もう少しで頂上というところで、体力の限界、足が重くて。でも、バランスを崩すと真っ逆さまに転がり落ちそうで。ぜいぜい、息を切らせながら、なんとか頂上によじ上った。

見上げた空の、なんて爽快だったこと。

風は、吹き飛ばされそうなほど強くて。空は、宇宙が透けそうなほど青くて。
声をあげて笑った。

クタクタになったので、2人で梨のアイスクリームを食べた。

 

*  *  *

 

鳥取の1日目。なんて素敵な1日だっただろう。
ゲストハウスに送ってもらって、日記を書いた。


瞼を閉じると、今でもキラキラと輝く水面が見える。

明日は、Webデザイナーの小島さんが倉吉という街を案内してくださることになっている。倉吉って、どんな街だろう。

鳥取に恋した民藝旅2日目。

胸いっぱいに、期待を吸い込んで、柔らかい布団に包まれて眠った。

 

 

そして、旅は「白壁土蔵群の城下町、倉吉」に続きます。

もじゃ!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

\SNSへのシェア、感想、とてもよろこびます/